Windowsおすすめフリーアプリや設定などいろいろ(2024版)

Win11になって2年ほど、もう皆様慣れてきた頃合いだと思います。色々な感想等ございますでしょうが、私は正直大好きです。一番良かったWin7の次に好き。
タスクバー中央揃えデフォは偉大です。たたみ制御も復活したので天下無敵(個人の感想です)。

そしてWindowsの良さは大量のソフト資産による拡張性。
ということで私はこう魔改造しています。参考になれば。

はじめに

この記事はちょっとずつ更新しています。
ソフト紹介は申し訳程度で、ほとんど自分用のリンク集です。あしからず申し訳ない。

初期設定

ローカルユーザー名変更

  1. ローカルアカウントにする。適当な名前でOK
  2. 別の管理者ローカルアカウントを作る
  3. 2のアカウントでログインして1のユーザーフォルダ名とレジストリを変更
HKEY_LOCAL_MACHINE>SOFTWARE>Microsoft>Windows NT>CurrentVersion>ProfileList

の下に古いユーザーフォルダ名のパスが入ってるレジストリキーがあるので探して変えます。
以上。いい加減ユーザーフォルダ名くらいデフォルトで決めさせてほしい。

グラボドライバー

ふっつーに Geforce です。Radeon ともバチバチやってほしいのですが、もうちょっとかかりそうですね。

Windows Defender暴走対策

今やこれで十分なほど高機能なWindows Defenderですが、実は自分を延々ウイルススキャンするという不具合があり、これでメモリリークしたことがあります。
なので下手順で止めましょう。

  1. 「Windowsセキュリティ」アイコンから「ウイルスと脅威の防止」→「ウイルスと脅威の防止の設定」→「除外の追加または削除」と進む
  2. 「C:\Program Files\Windows Defender」をフォルダごと除外

参考:Antimalware Service Executable (MsMpEng)が暴走?抑制・制御方法を解説!

Google日本語入力

IMEはお好みですが私はこれ派。

ソフトいろいろ

システム系

Vivaldi

ブラウザ。とにかく多機能で軽くて最強。というか説明いらないかも(???)

em Client

メールソフト。これも一部では使い勝手の良さで有名。

AutoLogon

個人用デスクトップPC=他の人が使う可能性なしなのでログイン認証は切っちゃってます。
もちろんセキュリティはがら空きになるのでご利用は計画的に。

EaseUS Backup

万が一のバックアップ用。システムリカバリだけなら無料。

alt-ime-ahk-mod

Altキーでかな英切り替え。英語キーボード大好きマンなので必須。

7-Zip

解凍ソフト。まあこんなところを見てくださってる方には説明不要ですな。早い安いうまい。

FaithType

システムフォントのアンチエイリアスを直してくれます。疲れない文字にしてくれます。
更に後述の「Meiryo UIも大っきらい」でフォントサイズを大きくすればモアベター。

Meiryo UIも大っきらい!!

システムフォント変更ソフト。上述の「FaithType」できれいにしたフォントをこれで大きくしたり、自前フォントを使ったりします。
Yu Gothic UIかMeiryo UI、あとは後述のIBM Plex Sans JPがオススメ、お好みで。大っきらいじゃないの?は禁句。

Moralerspace

Windows TerminalやVSCode用のプログラミングフォント。
Nerd Fontを選ぶとターミナルがめちゃくちゃオシャレに。

IBM Plex Sans JP

いい感じにMacっぽいきれいフォント。先述の「Meiryo大っきらい」によるシステムフォント設定は「Text」がきれいです。ヒンティングはモニター解像度と相談してきれいな方を。

CLaunch

昔から有名なランチャーアプリ。デスクトップやスタートメニュー、タスクバーをきれいにするかわりにこれで。
マウスの余ったボタンにホットキー機能応用でキーアサインすると神になれます。

Clibor

クリップボード拡張ソフト。Windows標準にもあるっちゃありますがこっちのほうが格段に便利。
定型文機能まであるので使いこなせる人はとことんやってみて自慢してほしいです。

Upnote

試験運用中のノートアプリ。Notionを使いやすくした感じでなかなかいいです。

Thilmera7

コンパクトリソースモニター。
リソースが見えてないと不安になる病気持ちなので使っていますが、何度もメモリリークをこれで発見しました。リソースモニターは基本。

Powertoys

ファイル名一括変更など、なんで初期実装されてないか不思議なほどのマイクロソフト自社開発の 10 徳ナイフ的ソフト。
個人的にはマルチタスク強化とキーアサイン、ランチャーがお気に入り。

X-Mouse Button Control

今は使ってませんが一応。マウスユーティリティのないマウスはこれでボタンアサイン。

AntimicroX

ゲームコントローラーに任意キーを割り当てます。
昔のゲームを遊ぶほか、クリエイト系ソフトのショートカットデバイス代わりにするなんてことも。

MonitorKeeper

「マルチモニター下でDisplayPortがウィンドウ配置を覚えてくれない」問題対処用ソフト。
これを使えばDisplayPortを抜いて指し直せばウィンドウ配置が元通りに。

EveryThing

爆速ファイル検索ソフト。上述の「Powertoys Run」の拡張機能として使っています。

System Ninja

完全アンインストーラー・ジャンククリーナー。
色々探して一番安全そうかつ使い勝手良かったのがこれでした。無料で大丈夫です。

WinAero Tweaker

Windowsの設定を深くまでいじれます。
右クリックのコンテキストメニューを古いやつに戻したりできます。

TailScale

超お手軽VPN。リモートデスクトップがはかどるほか、NASにも入っているので公衆Wi-Fiスポットも安全!

メディア系

Duet Display

タブレット液タブ化。最近Winタブレットにも対応し神になりました。
当初は不安定すぎましたがここのところ安定しており大化け。

SunShine

低遅延リモート。筆圧まで効くように。

VLC

動画プレイヤー。私はVLC派というだけなのでMPCでもなんでもお好みで。

HandBrake

動画変換ソフト。あると便利です。

Honeyview

画像ビューアー。Windowsのフォトもなかなかやるのですがこちらの方がさらに多機能で軽いです。
webpやらなんやら読めます。

Pureref

半クリエイト枠。資料ビューアー。
たくさんの画像を自由なサイズでまとめて閲覧可能。Blenderはとにかく資料を要するので超便利。

Freac

音声変換ソフト。これもあると便利。flac圧縮などに使います。

Mp3Tag

音声タグエディタ。曲名出ると幸せ。カバーアート見られると幸せ。以上。

upconv

疑似ハイレゾ変換。設定次第ですが、かなり化けます。
レトロゲーサントラを無理やりリマスターなどしています。

DTS Sound Unbound

(バーチャル)サラウンドシステム。Dolbyもありますが、私の環境だとこっちのほうが聴いてていい感じでした。
ヘッドホンでもおすすめ。

クリエイト・開発系

基本説明のいるソフトではないので以下は一行で。

Blender

3DCG総合。これがないと始まらない。

3DCoat

リトポ・ペイント・スカルプトなど。Blenderの痒いところをハイクオリティに補います。

VRoid Studio

Steamインストール。アニメキャラメーカー。人型キャラを作るにはこれがあるとないとで作業効率が天地の差。

VRM Posing Desktop

Steamインストール。↑のモデルを再生。有料ですが超便利。

Krita

クリスタから乗り換えました。お絵かきソフト。
無料なくせして部分的にクリスタを上回ってるすげーやつ。

Gimp

操作に癖はありますが超便利。画像で困ったらこれ。

InkScape

ベクター画像版「困ったらこれ」。

StablilityMatrix

3Dレンダリングをイラスト化するのに使用。そのうち記事にします。

fSpy

画像からパースを吸い出してくれます。まだ使いこなせてませんが可能性の獣。

Visual Studio Code

超軽いのにIDE並の機能なプログラミングエディタ。やっぱりこれだね。

Git for Windows

PC中級者以上の人権ツール。これもなくちゃ始まらない。

GitHub Desktop

↑のように書きましたがGUIもあると便利、そこでこれ。手軽にバージョン管理。

Godot Editor

新鋭ゲームエンジン。軽いし便利でもっと情報増えてほしい。

Unity

VRM撮影にも必須。Unity 6がいい感じ。しばらく安泰そうで良かった良かった。

RPGツクールMZ

RPG Developer Bakin

どちらもSteamインストール。RPG制作ソフト。

EffecseerMP

ゲームのエフェクト制作ソフト。

OBS Studio

プレイ録画。でもたまにミスって悲劇が。Bandicamに戻そうかな……。

Shotcut

上で取った動画はこれで編集。無料で使い勝手いいのがこれでした。

ゆっくりMovie Maker 4

ゆっくり実況向けはこっち。使い比べたいが時間がない。

Audacity

音声編集。実は使ったことはない。

ゲーム・ドライバ系

これはもう完全に説明不要なので名前だけ。

DisCord

Steam

RetroArch

DLSite Nest

Project EGG

Office

Filco Assist

エレコムマウスアシスタント

CyberPower PowerPanel

見た目カスタマイズ

省電力化

Bios(UEFI)いじり

Ryzen 7900前提です。マザーボードはMSI B650M Mortar。

  • CPU Ratio Apply ModeをAdaptive、Ratioを51、PerformanceVoltageを1.175
  • メモリ周波数に合わせてSoc VoltageとVDDPを調整(5600MhzならSoc1.000VのVDDP0.950V)
  • PBOをAll negative 15
  • Scaler 10x
  • Max Boost Override +100

こんな感じで温度90℃以下で定格超えパフォーマンス。
メモリOCは「Power Down Enable」的設定をオンにすればよほど無茶でない限り通ります。「Memory Context Restore」、メモリトレーニングも常時オンでも初回起動時にはトレーニングしてくれ、起動時間は短縮します。

AfterBurnerでグラボ電圧いじり

同上。例えばRTX4070ならメモリ+700Mhzのコア+70Mhz、電力80%といった調子。これで使用電力が8割で性能そのままに。
クロック-200Mhzからのカーブエディターの1000mvを2810Mhzにあわせるでも可(もちろん要調整)で、こちらは試したところ性能1%減ったかな?で消費電力6割に。無論上級者向けなので自己責任で。

ターミナル環境

Windows Terminal インストール

大前提として、以下の設定はこれ上で行います。

Nyagos・StarShip適用

以下手順。

  1. ここに従ってNyagosインストール
  2. ここに従ってStarShipインストール
  3. ここに従い、~/.nyagosに設定記述、starship適用

以上でトラブらずに設定できました。手抜きだなおい

Linux設定

WSLにも役立つはずなので強引に紹介。

Sheldon

.zshrc に加えてフォントを落っことして設定しておきましょう。PlemolJPがおすすめ。 下サイト様を参考にしました。

高速で設定しやすいZsh/BashプラグインマネージャーSheldonの紹介

# .zshrc
export PATH=$PATH:$HOME/.local/bin
eval "$(sheldon source)"

# History設定
HISTFILE=~/.zsh_history
HISTSIZE=100000
SAVEHIST=100000
setopt share_history
setopt hist_ignore_dups
setopt hist_ignore_all_dups
setopt hist_ignore_space
setopt hist_reduce_blanks

setopt print_eight_bit

# Control+rで履歴検索
function peco-select-history() {
  BUFFER=$(\history -n -r 1 | peco --query "$LBUFFER")
  CURSOR=$#BUFFER
  zle clear-screen
}
zle -N peco-select-history
bindkey '^r' peco-select-history

if [[ -n $(echo ${^fpath}/chpwd_recent_dirs(N)) && -n $(echo ${^fpath}/cdr(N)) ]]; then
    autoload -Uz chpwd_recent_dirs cdr add-zsh-hook
    add-zsh-hook chpwd chpwd_recent_dirs
    zstyle ':completion:*' recent-dirs-insert both
    zstyle ':chpwd:*' recent-dirs-default true
    zstyle ':chpwd:*' recent-dirs-max 1000
fi

# Control+fディレクトリ履歴検索
function peco-cdr () {
    local selected_dir="$(cdr -l | sed 's/^[0-9]\+ \+//' | peco --prompt="cdr >" --query "$LBUFFER")"
    if [ -n "$selected_dir" ]; then
        BUFFER="cd ${selected_dir}"
        zle accept-line
    fi
}
zle -N peco-cdr
bindkey '^f' peco-cdr

# debでDocker履歴検索
alias deb='docker exec -it $(docker ps | peco | cut -d " " -f 1) /bin/bash'
alias dea='docker exec -it $(docker ps | peco | cut -d " " -f 1) /bin/ash'

# Ctrl+]でGHQリポジトリにトベルーラ
function peco-src () {
local selected_dir=$(ghq list -p | peco --query "$LBUFFER")
if [ -n "$selected_dir" ]; then
    BUFFER="cd ${selected_dir}"
    zle accept-line
fi
}
zle -N peco-src
bindkey '^]' peco-src
# sheldon.toml
[plugins.zsh-defer]
github = "romkatv/zsh-defer"

[templates]
defer = "{% for file in files %}zsh-defer source \"{{ file }}\"\n{% endfor %}"

[plugins.rm-star-silent]
inline = "setopt RM_STAR_SILENT"

# https://docs.brew.sh/Shell-Completion#configuring-completions-in-zsh
[plugins.brew-completion]
inline = 'type brew &>/dev/null && FPATH="$(brew --prefix)/share/zsh/site-functions:${FPATH}"'

[plugins.rust-zsh-completions]
github = "ryutok/rust-zsh-completions"

[plugins.zsh-completions]
github = "zsh-users/zsh-completions"

[plugins.zsh-syntax-highlighting]
github = "zsh-users/zsh-syntax-highlighting"

[plugins.zsh-autosuggestions]
github = 'zsh-users/zsh-autosuggestions'
apply = ["defer"]

[plugins.wakatime-zsh-plugin]
github = "sobolevn/wakatime-zsh-plugin"

[plugins.starship]
inline = 'eval "$(starship init zsh)"' # 別途starshipインストール

[plugins.compinit]
inline = "autoload -Uz compinit && zsh-defer compinit"

GHQ&Peco

sudo apt-get install software-properties-common
sudo add-apt-repository ppa:longsleep/golang-backports
sudo apt update
sudo apt install -y golang-go
echo 'export GOPATH=$HOME/go' >> ~/.zshrc
echo 'export PATH=$PATH:$GOPATH/bin' >> ~/.zshrc
source ~/.zshrc
go install github.com/x-motemen/ghq@latest
git config --global ghq.root '~/git'
sudo apt install peco -y

あとは

ghq get リポジトリURL

でウマー。

SSH 設定

TailScale SSHで一発。後で加筆します。

言語環境構築

sudo apt update
sudo apt install build-essential libssl-dev zlib1g-dev \
libbz2-dev libreadline-dev libsqlite3-dev curl \
libncursesw5-dev xz-utils tk-dev libxml2-dev libxmlsec1-dev libffi-dev liblzma-dev

curl https://pyenv.run | bash

echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.zshrc
echo 'command -v pyenv >/dev/null || export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.zshrc
echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.zshrc
source ~/.zshrc

まとめ

勘のいい人はお気付きの通り、これはMac風魔改造です。
これも「MacからWinはできないが逆はできる」というWindowsのカスタマイズ性の賜物ということで一つお願いします。(??????)

ではでは、Happy Hacking!